slider

decor

保育士の収入

保育士の初任給

保育士の収入に関して気になるという方も多くいらっしゃるかもしれません。公立の保育園で正社員として働く場合ですと、地方公務員ということになるので、地方公務員の給与規定にしたがった給与が支払われることになります。公務員の各種手当てが適用されるので安定した待遇で働くことができると言えます。私立で働く場合ですと、条件によってさまざまではありますが公立と給与面において大きな差は無いと言えます。県、地域、保育園、勤務年数などの諸条件によって給料は変わってきますが、初任給の額としては16万円から17万円ほどという額面が一般的です。

正規の職員は年金や保険などが給料から引かれることとなります。そうすると給料から2、3万円ほど引かれることになりますので、手取りで言うと、13万円から15万円くらいが相場の金額となります。社会保険が完備されていない保育園で働く場合にも、自分で年金や保険料を支払うことになるので結果的には手元に残る給料の額は変わらないと言えます。

手取りの初任給が10万程度の保育園もあり、保育士の給料は厳しいものというのが一般的な認識となっています。仕事の責任や労働時間を考えると少なく感じるかもしれませんし、このような給与体系を問題視する声もあるようです。