slider

decor

保育士の収入

保育士の収入

政府は重要政策の一つとして掲げる「待機児童ゼロ」の実現に向け、保育士の待遇改善を打ち出しました。安倍晋三首相は「1億総活躍国民会議」の中で2017年度から保育士の月給を2%増に当たる約6000円引き上げる方針を表明し、保育士の給与に関して注目が集まっています。保育士の賃金は安すぎるというはこれまで一般的に指摘されてきたことですし、データで見てもそのような面は実際にあります。保育士の給料は全国平均で年収323.3万円となっていますので、全産業平均の489.2万円に比べて明らかに安いといえる水準となっています。

しかし一方で、保育士すべての給料が安いかというとそうでもないようです。保育所には運営主体によって、地方公共団体が運営する公立保育所と、社会福祉法人や株式会社が運営する市立保育所があります。公立保育所に勤務している公務員保育士の場合は全産業の平均給料よりも高いというケースもあるのです。東京都練馬区を例に挙げれば、同区が運営する保育所に勤める保育士の平均年収は539.1万円となっています。つまり保育士の給料は官民の格差が大きく、公務員保育士においては勤続年数に準ずる昇給のほか、平均的な公務員と同じ程度の収入が確約されるのです。

そのため、公立保育所の保育士採用試験には応募が殺到し自治体によっては倍率が10倍を超えることも珍しくないようです。当サイトでは保育士の給与について役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。


▼ 保育士関連おすすめサイト ▼
仕事を探す上で年収は大きな基準になるものです。保育士の求人においても同様で、年収や待遇など気になる方も多いでしょう。こちらのサイトでは保育士の求人が探せるだけでなく、就職までのサポートを受けることもできます > 保育士の求人